日本経営士会とは

 昭和26年8月14日経済企画庁の前身である経済安定本部副長官の呼びかけで、同27日経済安定本部長官官舎に、能率関係者と学識経験者38名が集まり、官側より産業局長・産業政策課長などが出席し、「マネジメント・コンサルタント」の制度化を協議した。人事官 上野陽一先生が座長となり準備委員会を発足させ4回の準備委員会開催後、9月25日午後、通商産業大臣官邸において、「日本経営士会」の設立総会が開かれた。ここに日本経営士会が発足し、「経営士」が誕生した。初代会長加茂正雄、副会長荒木東一郎,森川覚三、事務局長湯浅三二郎の先生方で発足した。当初会員は一流の能率家と一流の学者50名であった。
昭和30年1月1日、通商産業大臣より「社団法人」として認可され、その後、経済成長とともに会員は増加し、豊富な実績を積み重ねて高い信頼性を誇る一流のマネジメント・コンサルタント団体として社会的使命を果たしてきた。

平成25年4月1日には、公益法人制度改革により一般社団法人に移行し、柔軟性を持った組織として活動できるようになり、会員の共益活動を軸に公益事業と収益事業のバランスを持ちながら革新を続けている。

現在では、独立したプロのコンサルタントの他に、弁護士・公認会計士・税理士・社会保険労務士・技術士・中小企業診断士・司法書士・行政書士・弁理士・一級建築士などの有資格者のほか、企業・団体における経営者や管理者などビジネスに携わっている人々も多数経営士に登録されている。(写真は、日本経営士会の設立に尽力された上野陽一先生)