農商工連携支援人材育成セミナー開講

 7月10日、梅雨晴れのなか山口県湯田温泉のホテル喜良久の会場で、農商工連携支援人材育成セミナーが開講しました。受講者は部分受講希望者も含めて定員の35名となり、順調な滑り出しとなりました。
 第一日目は、藤島公平支部長の挨拶に続いて、農商工連携の意義や認定制度のしくみなどについて経営士の戸田泰夫先生、午後からは、食品衛生法やPL法などの食品加工や食品の流通に関する法的な説明を日本だけでなくアジアなど外国の法律も紹介しながら弁護士の堀江龍起先生による講義がありました。