【経営士が薦める1冊】第一回「菊と刀」~日本人の特性からマネジメントを考える~

8月11日(金)に、日本経営士会中国支部山口支援センターの今年のテーマ「経営士が薦める1冊」の第一回目となる会がいたひら経営支援事務所にて開催されました。
第一回目は、藤本支部長より「菊と刀」(ルース・ベネディクト著)を題材に、日本人の国民性について、経営士の視点から整理された発表がありました。

第2回目は、9月2日(土)に開催予定です。